RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

AGWV 会報

旅行日記を中心に、会津若松市から趣味情報を発信してます。
会津コンタクトのお仕事情報もたま〜に記載っ!
<< AGWV28-382 | main | AGWV28-384 >>
AGWV28-383
0
    日時:平成28年7月23日(土)〜25日(月) 天気:24日 曇のち晴 25日 晴 
    目的地:岩手山(標高2038)  
    収穫:クルマユリ タマガワホトトギス ホソバノキソチドリ
    ヤマオダマキ ハンショウヅル アオヤギソウ メイゲツソウ
    ヨツバシオガマ コマクサ シロバナトウウチソウ クサボタン 
    オオバスノキ イワブクロ イワギキョウ イワアカバナ 
    サンカヨウ ハクサンチドリ ソバナ ミヤマキスミレ 等40種以上
    参加メンバー:隊長 B氏 T氏 S氏 Ta氏 書記
     今回は岩手山のお花達です。尾瀬や飯豊山にはかないませんが40種以上は咲いており、小生の中では5本の指には入ると思います。
         
         写真1 クルマユリ

         写真2 ホソバノキソチドリ

         写真3 タマガワホトトギス

         写真4 ヤマオダマキ

         写真5 クサボタン

         写真6 サンカヨウの実
     まず写真1〜7は森の中で見つけました。写真8〜15は森林限界を超えた辺りで見つけました。写真16〜18は山頂部の砂礫で見つけました。
     写真1はユリ科のクルマユリ、葉っぱが車輪のようになっているのが特徴です。写真2はラン科のホソバノキソチドリか、この辺ですとガッサンチドリ、ミヤマチドリなどいろいろあって同定は難しい。写真3はユリ科のタマガワホトトギス、森の中では一番目立っていた。この花は単独で咲いているのだが、ここでは群生していた。写真4はキンポウゲ科のヤマオダマキ、茶褐色とクリーム色のコントラストがいいですね。写真5はキンポウゲ科のクサボタン、小生は初めて見る花かな?そう美しい、可愛い花ではありませんが・・・写真6はメギ科のサンカヨウの果実、この花は白花で可愛いが小生見た記憶がない。写真7はキク科のオヤマボクチか?オヤマボクチの花は褐色であるがこれはその前?触ると痛そうである。
         
         写真7 オヤマボクチ

         写真8 オオバスノキ

         写真9 ハンショウヅル

         写真10 ヨツバシオガマ

         写真11 ソバナ

         写真12 シロバナトウウチソウ
     写真8はツツジ科のオオバスノキか?写真を撮っていた時はコケモモ、クロマメノキと思っていたがちょっと葉っぱが違うので調べてみたらにオオバスノキと思われる。でも花期がちょっと遅いのが気になる。オオバスノキなら小生は初めてである。写真9はキンポウゲ科のハンショウヅル、ツル系で赤褐色の花が目立つ。これも小生初めてである。写真10はゴマノハグサ科のヨツバシオガマ、この花は尾瀬や飯豊の高山植物で定番ですね。写真11はキキョウ科のソバナ。漢字では岨菜と書き、「岨」は切り立った崖を意味して崖のそばで見かけることが多い。また、葉っぱがソバに似ている。という意味もあるそうです。写真12はバラ科のシロバナトウウチソウ、日本固有で東北地方に咲いているそうで昨年も鳥海山で見かけました。写真13はスミレ科のミヤマキスミレか、キバナノコマノツメ?スミレの花は自信なし。葉っぱの形では前者か?写真14はバラ科のミヤマキンバイ、この花はいろんなところで見かけます。可愛い花です。写真15はアカバナ科のイワアカバナ、平笠不動避難小屋の脇にちょっとだけ咲いていました。この花も小生初めてかなお目にかかる花かな。

         写真13 ミヤマキスミレ

         写真14 ミヤマキンバイ

         写真15 イワアカバナ

         写真16 コマクサ

         写真17 イワブクロ

         写真18 イワギキョウ
     写真16はケシ科ケマンソウ亜科のコマクサ、本白根山登山(20-127)以来です。お久しぶりです。美しい馬(駒)の顔をした花と、他の植物が生育できないような砂礫などの厳しい環境に生育することから『高山植物の女王』と呼ばれているそうです。山頂部と焼走りの砂礫の所に群生している。写真17はゴマノハグサ科のイワブクロ、この花も砂礫などの厳しい環境の中コマクサと一緒に咲いていました。昨年の鳥海山以来です。写真18はキキョウ科のイワギキョウ、コマクサやイワブクロと同じ砂礫の中で群生していましたが数ヶ所だけでした。深い青色がきれいです。
     他にもラン科のハクサンチドリ・ネバリノギラン、イチヤクソウ科のイチヤクソウ、キク科のトウゲブキ、ユリ科のギボウシ・アオヤギソウ、タデ科のメイゲツソウなど40種以上。初めてお目にかかる花も数種類。目を楽しませていただきました。岩手山のお花達に改めて感謝!!
    | AGWV会報 | 15:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://maeda.aizu-contact.com/trackback/1188167