RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

AGWV 会報

旅行日記を中心に、会津若松市から趣味情報を発信してます。
会津コンタクトのお仕事情報もたま〜に記載っ!
<< 今夜の一杯 落ち葉の舞い散る頃 | main | AGWV27-371 >>
AGWV27-370
0
    日時:平成27年11月1日(日)〜3日(水)  天気:曇 晴れ 
    目的地:普天間基地 嘉手納基地 キャンプシュワブ 海中道路 
        那覇歴史博物館 旧海軍司令壕 平和記念公園 ゆめゆりの塔
        平和祈念資料館
    収穫:普天間基地のオスプレイ 嘉手納基地のF15 辺野古のきれいな海
       大田實司令官の電文 平和の礎(いしじ) 先の大戦での悲惨な歴史
    ラーメン:沖縄そば(丸吉食品 沖縄県うるま市 浜比嘉島)
    参加メンバー:隊長 F医師 書記 他職員
     今回のレポートは沖縄社員旅行です。さすが沖縄暖かかったです。初日、本隊は首里城公園の観光で小生はレンタカーの手配のみ。初日の夕食は『鉄板焼き・炭火焼Bell』で美味しい沖縄牛を堪能する。二日目は隊長とF医師と三人でレンタカーに乗り現在の沖縄の諸問題のところを観光する。写真1は沖縄戦の激戦地であった嘉数高台公園から見た普天間基地でオスプレイがたくさん駐機しています。よくテレビで見る場所です。写真2は嘉手納基地からスクランブル発進するF15戦闘機です。すごい爆音です。住民の方は大変です。写真3は辺野古の海ですごくきれいです。写真の左側の陸地沿いにV次の滑走路ができるそうです。防波堤の約100m先からキャンプシュワブの敷地で柵により出入りができないようになっています。また、キャンプシュワブの正門ゲート前では反対派住民と機動隊が道をはさんで対峙してました。次に行ったのは写真4の海中道路で勝連半島から平安座島を結ぶ4.7kmの道路である。右も左も海で海の上を走っている感じです。昼食はその先の浜比嘉島の『丸吉食品』で写真5の沖縄のソーキソバを頂く。そうおいしいものではないが沖縄の名物なので・・・しかしここの親父は名物親父である。いろいろ話しかけてくれたが日本語らしいがよく理解できなかった。二日目の最後は那覇市歴史博物館を観光した。二日目の夕食は『和琉酒菜 藍』で沖縄の地元料理を堪能する。目を引いたのは写真6のハブ酒、見た目も強烈ですが味も濃いです。
     
         写真1 普天間基地          

         写真2 F15戦闘機
     三日目の観光は他に職員二人を加えて観光タクシーで沖縄戦の歴史である、旧海軍司令壕、平和祈念公園、ひめゆりの塔の観光をした。旧海軍司令壕では当時の旧日本海軍によって掘られた壕が当時のまま残っている。そして太田實司令官が海軍次官に宛てた電文が展示してある。『沖縄県民斯く戦ヘリ』その一週間後自決という話は重いです。その次に行ったのは平和祈念公園です。ここは写真7の平和の礎がづらっとある。沖縄戦で亡くなられた方々約24万人の名前が刻まれている。アメリカ人の名前もある。福島県の人も沖縄戦で多数亡くなられていた。最後に行ったのはひめゆりの塔と平和祈念資料館、戦争も悲惨ですが、少女たちが巻き込まれた悲しい歴史。ここも心が重くなります。

               写真3 辺野古の海
     
         写真4 海中道路           

         写真5 ソーキソバ
     
         写真6 ハブ酒            

         写真7 平和の礎」
     今回の社員旅行は現在の沖縄の問題点や沖縄戦での悲惨な歴史を勉強でき有意義なものでした。
     次報では沖縄のお花を紹介します。11月なのにお花はいっぱい。恐るべし沖縄!!
    | AGWV会報 | 15:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://maeda.aizu-contact.com/trackback/1188147